札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ◆男女浴室まで行く道のり

    階段を降り、地下1階の風呂ゾーンへ到着しゃれたテーブル
    喫煙コーナー日帰り休憩室
    男女風呂へ向かう廊下男女脱衣所前
     地下1階にお風呂ゾーンがあります。日帰りの際は、基本的にここで楽しみます。休憩室での食事、以前食したことありですが、結構まあまあな感じでした。


    ◆男性の脱衣所&内風呂

    脱衣所1脱衣所2
    出入り口から望む男性内風呂出入り口の近くにある副浴槽
    男性主浴槽男性主浴槽の湯口
     男性内風呂は洗い場13、リンスインシャンプー、ボディーシャンプーあり。浴槽は主浴槽、副浴槽のほか、かけ湯コーナーも。
     温泉分析書は、家族風呂と同じ。内風呂の湯使いは、循環ろ過、塩素殺菌、加温あり。個人的に塩素の臭いは感じませんでした。


    ◆男性の露天風呂&水風呂&サウナ小屋

    男性露天&水風呂男性露天の湯口
    男性露天にサウナ小屋サウナ内
     露天の湯口の湯を口に含むと、ああ、それとなく硫黄だな、と思う味わい。こちらの湯使いは、家族風呂と同じ加温のみで放流式。

     日帰り9~22時、500円。

     宿泊客の入浴時間は、大浴場6~23時、露天風呂7~22時、繰り返しますが、家族風呂は24時間。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/624-8d58d2cf

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。