札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     4月14日(土)、「はこなび」でネット予約。1人泊で素泊まり4,200円+夕食1,470円+朝食1,050円=6,720円。4月21日(土)に予定通り宿泊しました。

     この宿、客室数64室と、そこそこのキャパシティー。ですが、4月という閑散期とあってか、客の姿はあまり感じませんでした。
     そのおかげで、土曜17時という、通常は風呂が客でごった返す時間帯(一般論)も、貸切で楽しめました。日帰り単独も受け付けていませんし。

    男性内風呂、湯面は白い
     何より、ここの湯、結構いい感じ。湯の中に湯花(成分)が無数に浮遊していて、湯色が白いんです。入浴していると、自分の足先が見えないくらいの不透明度。

    男性露天ふちの「がり」?
     露天風呂ふちの「がり」をみて、おお、すごいな、と感じた次第。でも、振り返って考えると、温泉成分の堆積なのか、もともとこういう造りなのか、スタッフに聞くの、すっかり忘れてました。
     早朝、湯船ふち、排水溝付近に、うす茶色っぽい湯花が堆積していました。以前泊まった近隣の「温泉旅館 都」は、透明な湯でしたね。

    松倉川沿いの湯の川観光ホテルなどの夜景を望む
     夕食は値段の割に良さげ。天ぷらや茶碗蒸しを熱々で後出ししてくれ、満足しきり。

     10,000円を超える宿泊料の場合、部屋食で内容も変わるよう。私が食した食事内容は、1泊2食7,000円弱という格安価格でした。それで、あの内容は、まあまあではないでしょうか。
     昼間・夜に食事だけの客も受け入れており、「うなぎの入川」と称し、うなぎ1,300円、上うなぎ1,800円、特上うな重2,300円、かばやき1,200円、上かばやき1,700円で、持ち帰りOKだそう。あと、1,890円~の各種定食も。

    市電・市民会館前
     スタッフの対応に不満があったわけでもなく、つつがなく宿泊を堪能した次第。
     湯の川温泉は、温泉銭湯の凄さについてガイドブックやネットで話題にあがりますが、日帰り単独をやっていない、自家泉源のこうした宿もなかなかだな、と新たな発見でした。

     チェックアウト後、湯の川温泉街を散歩。そして市電に30分弱ゆられ函館駅へ。11時00分発スーパー北斗7号に乗り、札幌駅14時17分着。ちょっと仕事先に・・・

    初めまして。
    とてもお役に立つ充実されたブログですね。関心しました☆
    今年の夏、函館へ一人旅を計画してまして、湯の川へも足を運びたいと
    思っていたのですが、なかなか一人で泊まれる宿って少ないんですね。
    そんな最中、ネット検索してましたらこちらへ辿り着きました^^;
    初めての女1人旅なので戸惑い気味ですが、ブログを拝見してましたら
    温泉も楽しみの一つにしようかと、楽しくなってきました(笑
    また、ネットに乗ってない宿情報も知ることができ感激です!
    何処へ泊まろうか。。迷いますね(笑

    2007.05.30 13:10 URL | ろでぃ #ck/OJkMI [ 編集 ]

    ろでぃさん、はじめまして。訪問ありがとうございます。
    私も1人旅が好きなので、湯の川で1人で泊まった宿(建物は古いですが、いずれも掃除がちゃんとされていました)の雰囲気が伝われば、幸いです(笑)
    私の場合、情報の少ない宿を前にすれば、直感で選びますね。あとは自己責任ということで(笑顔) 振り返れば、これまで「もう嫌だ、二度と来たくない」という宿はないかも。
    楽しい函館旅行になることを、祈念します(笑顔)

    2007.05.30 21:37 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/644-e05fd438

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。