札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     湯けむり見学を楽しんだ、バス停「鉄輪温泉東口」から、鉄輪温泉街に向かって下ります。

    路地1路地2
    熱の湯温泉かしま
     市営熱の湯温泉は、入浴料無料でなんとも太っ腹。日差しが強くて、バテ気味になってきたので、スルーします。

    ひなびた路地
     路地を歩くと、こんな光景が。フェンスに浴衣を干し、のんびりムードが漂う感じ。

    大黒屋玄関前地獄釜
     宿の大黒屋玄関前に地獄釜と屋台(屋根付テーブル席)が複数あり、地獄釜から蒸気(もちろん天然)が噴き出す光景は、なかなか。この釜に野菜や魚介類を入れて、蒸す料理が名物みたい。
     ちょうど昼時だし、ここで食事できるかな。宿に聞くと、前日まで予約すれば、宿泊しなくても地獄釜蒸し料理を食せるそう。海鮮盛り2,000円、竹セット500円。
     食材を持ち込んで地獄釜を利用することも、有料でOK。地獄釜のみ利用は1時間200円。地獄釜&屋台の利用は2時間2,000円(調味料は無料サービス)。

     手ぶらで飛び込んだ当方は、門前払いとなりました。事前リサーチが足りなかったと痛感した次第。

    大黒屋前を奥へここにも地獄釜
    地獄釜から蒸気がもくもく大黒屋裏の泉源?
     大黒屋の敷地内というわけではなく、路地なのですが、ここにも地獄釜があり、蒸気だらけでした。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/665-4447cfb1

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。