札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     3月下旬に電話予約。「あらあ、札幌からですか」と女将さんの感じ良い応対に「良さそう」な手応えを感じつつ、1泊目は朝食のみ7,000円、2泊目2食付13,000円の計2泊しました。

     宿に着いて率直な感想は、「北海道ではなかなか味わえない、レトロというかモダンな宿だなあ」。事前に拝見した宿ホームページでしゃれた感じを抱いていましたが、足を運んで実感した次第。

    ねじしめ錠
     客室の窓枠、木製で「ねじしめ鍵」なんですね。祖父&祖母の家が昔これでしたが、今はアルミサッシとなっています。

     玄関周りや大広間、一部客室の母屋は築77年、私が泊まった客室棟も築60年余。これら建物の手入れが行き届いている一方、木造の古い建物ゆえに、隣室のテレビ音や2階客室の客がどしどし歩く音が、鉄筋ホテルよりは、やっぱり聞こえますね。私は気にせず、ぐうぐう眠りました。

     自家源泉という内風呂の湯は、少しばかりつるつるした浴感。鍵をかければ家族風呂として入浴でき、のびのび楽しめます。露天風呂も同様にくつろげますね。

     食事、当たりでした。女将さんの旦那さんはイタリアンシェフで、夕食は基本膳で和食のさっぱりした品ばかりだったせいか、「このまま行けば、ちょっと食い飽きるかな」と思っていたところへ、後出しで「メバル香草焼」「ビーフシチュー仕立て」が登場。和洋折衷のメリハリあるメニューを食し、定山渓・豊林荘を思い出した別府の夜。

     世襲の女将さんは赤ちゃんがいる世代。年配の女性スタッフの方を、最初女将だと思っていました。長年ここで働いている感じで、2泊すると話す機会も自然に多くなり、宿や別府のことを説明してくれ、昭和5年建造の母屋の客室へ案内してもらったりと、いろいろお世話になりました。

     別府駅から徒歩10分以内の住宅街に佇む、レトロな隠れ宿。別府観光の拠点として実際便利な立地でしたし、何より夫婦やカップルがのんびり過ごす良宿だな、と私感です。
     夕食・朝食抜き、1人旅にも応じ、大広間での朝食時に小さな子供用のイスまで用意する宿の姿勢を拝見する限り、広範囲の旅人が満足できるクオリティー。

     ちょっとべた褒めなのは、遠方へ旅行した高揚感に後押しされたからかな。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/674-69bb3c02

    | ホーム |