札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     いい湯だったな。梅園温泉を堪能した後、別府駅へ。首にぶら下げたタオルをカバンにしまい込み、駅内の土産屋で関係各位への土産を買って宅急便にて札幌へ送りました。

    亀の井バス 由布院行き
     食欲がなく、駅併設のミスタードーナッツで水分補給だけしたのち、別府駅西口から、由布院行きバスに13時10分乗車。

    由布盆地が見えるバス窓越しに、由布岳を望む
     バスは山の中を通り、しばしうたた寝。下り坂に入った頃に目覚めると、車窓に由布院の街並みと、由布岳(1,583メートル)が見えます。

    亀の井バス湯布院営業所湯布院らしからぬ寂れ具合
     亀の井バス湯布院営業所に14時過ぎ到着。終点の由布院駅前バスターミナルは、ここから後2~3分くらい(歩けば10分程度)。

     「由布院」と「湯布院」。この漢字使いの違いって・・・
     温泉主義No.03(くまざさ出版社)を読むと、昭和30年に由布院町と湯平村の合併により「湯布院町」に。この合併以前からの固有名詞(駅名、学校など)は過去の歴史にのっとり「由布院」。
     由布院、湯平、塚原の各温泉を総称で表記する際は「湯布院温泉」だそうです。
     平成17年10月に、挾間町、庄内町との合併に伴い「由布市」になりました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/678-b9fbf360

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。