札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     2月下旬、楽天トラベルでネット予約。「1日1組限定」の文字を見て、即決しました。1日1組の宿は、これまで未経験。図らずも宿泊客が私1人だったことはありますが。サービス料・消費税込みで1人18,500円。
     楽天トラベル&宿ホームページを見ても、どんな雰囲気の宿か、詳細が分からなかったので、予備知識を持たず、投宿しました。

    由布茶寮の玄関
     一般住宅のような小さな宿で、平成18年(2006年)秋に新築オープンしたばかり。切り盛りしている女将さんは品があるなあと感じる物腰で、つかず離れずの応対。お茶の先生のキャリアを持っていると言います。

     一棟建ての宿で、ロビー兼食事処は古材を移築して建設。客室は一旦外に出て、改めて客室玄関に入るという、プライベート感を演出。客室はちょっとした1LDKで、木のぬくもりを感じます。
     これに客室風呂(温泉です)がつき、なんだか別棟建ての客室というか貸し別荘というか、誰に気兼ねするでもなくのんびりでき、開放的な印象を受けました。

     女将さんによる食事で気づいたのは、豆腐料理が散見された点。聞けばこの宿、昼間は「Cafe terrace美菴花」として営業しており、もらったパンフを読むと、美菴花膳と由布御膳各2,300円(要予約)で、手作り豆腐を始めとする豆腐料理を提供。女将さんは豆腐料理にこだわっているのですね。朝食に食べた豆腐、甘くて好きでした。
     ここは日中、コーヒーやお茶だけでも入店OKですが、宿前に「由布茶寮」の看板しかなく、宣伝旗でも立てればとも思いました。でも、それは美観を損なうわけで、あまりアピールしない経営哲学が、いい感じ。

    客室窓から眺める由布市街は、山々に雲がかかっていた
     宿は高台に佇み、由布市街を望めます。ゴールデンウィークの街中は私を含め人だらけでしたし、細い路地は渋滞で車が一歩も進めず、私も車と車の間をきゅうくつに歩く始末。そんな喧騒を離れ、この宿に着くと、周囲は住宅がちらほらなだけで、静かで落ち着きます。

    宿周辺の景色
     以前、この辺は茶畑だったそうです。この宿の奥に坂道が続きますが建物はないそう。この辺りは建築許可をもらうのが大変だったと聞きました。

     由布院温泉は別府に次ぐ全国2位の湧出量で、しゃれた観光地のイメージ。亀の井別荘、由布院玉の湯、山荘無量塔の御三家に、泊まってみたいと思いつつ、予約が取りにくい現状。
     今回の旅は別府メーンで由布院はゆっくり静かな宿が良いと思い、選んだこの宿は、1日1組限定だけに、のんびりできました。

     この後、歩いて由布院駅前へ。軽食&喫茶「花水木」でコーヒーを飲み、由布院駅前バスターミナルから福岡行き高速バス(事前に電話予約し2人で5,000円)に11時15分乗車し、福岡空港第2ターミナル12時55分で降車。
     チェックインの手続きをすると、事前に申し込んでいたクラスJ席は機材変更に伴い、その席がない小ぶりの飛行機になってしまい、1席1,000円の払い戻し&1年間有効のクラスJ席券をもらいました。
     空港内で御土産を買い求め、14時15分発のJAL機で新千歳空港16時35分着。3泊4日のゴールデンウィーク旅を終了です。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/686-3e325514

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。