札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    脱衣所前の休憩室狭い男性脱衣所
     1階受付奥に男女浴室があります。日帰り10~16時、300円。宿泊客は24時間入浴OK。


    ◆男性内風呂

    脱衣所から内風呂をみる
    脱衣所出入り口方面をみる内風呂からドアを開け、庭付き露天風呂へ
     赤い富士山の壁画が印象的。浴槽2つ、洗い場3つ。シャンプー、固形せっけんあり。浴室内はこじんまりしています。


    ◆庭付露天風呂

    温室の植物園のような空間に、湯船が1つ
    湯船はこじんまり。見知らぬ方と一緒に入るのは、私はちょっと照れそうしょんべん小僧
     庭付露天風呂、と言いますか、温室の植物に囲まれて小さな湯船が1つあり、これまでに味わったことがない雰囲気。

    草木はフェイクと本物が混在
     天井が高く開放的。湯船以外の装飾にスペース&力が注がれている感じです。

    庭付露天風呂の出入り口方面をみる。男女がつながっている脱衣所前のスイッチを入れると、滝が流れる。この写真は流れていない。カエルの置物とウルトラマンのソフトビニル人形が
     奥で男女の仕切りが途絶え、つながっている(互いに行き来できる)ほか、滝がありました。


    ◆湯船ごとに温度が違う仕組み

     ここの湯口は内風呂に1つのみ。「熱々の湯船」「適温の湯船」、そして、庭付露天風呂は「ぬるい湯船」です。

    「フェイク松」な湯口オーバーフローした湯は、内風呂壁の穴ぽこを通り、庭付露天風呂の浴槽へ注がれる
     内風呂の1つにどばどば注がれており、「熱々の湯船」ですが、オーバーフローした湯が流れる隣の湯船は「適温の湯船」です。
     そして「適温の湯船」から、さらにオーバーフローした湯は、「内風呂浴室床を伝い、壁の穴ぽこ」を通り、庭付露天風呂に注がれて「ぬるい湯船」となり、最終的に排水溝へ流れ落ちていました。
     内風呂の洗い場の床があえて低く設計してあるので、シャンプー等の汚水が「壁の穴ぽこ」に浸入する心配がなく、この造りに感心しました。

    白老の温泉を探してたどり着いた流れ者です。いっちさんの淡々とした客観性のある文章にすっかり魅了されてしまいました。特にこのとくに、赤富士荘のお風呂編は涙を流して大笑いをしてしまいました。
    あまりにも楽しかったので一言残したい気持ちになりました。
    2007年の記事でしたね。。
    お気づきにならないかも。

    2011.01.19 21:49 URL | nono #- [ 編集 ]

    nonoさん、初めまして! ちゃんと気付きました(笑顔) コメントありがとうございます。
    そんなに喜んでいただけたとは、びっくりするやら嬉しいやら、ニッコリする限りです(笑顔)
    きっと写真にカーソルをあてて「裏キャプション」を読んでいただけたからかな、と推察しております。
    なお、現在の赤富士荘はオーナーが代わってしまい、2年前の経験によれば、ジャングル風呂は犬小屋になってしまいました。
    白老は、とっても魅力的な湯処と思っております。機会ございましたら、ぜひ入湯をオススメします。ただし、がっくりすることも多々あることを念頭の上、ご訪問されるようご助言申し上げます(笑)
    では、また機会ありましたら宜しくお願いします。

    2011.01.19 23:00 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/700-44e73fec

    | ホーム |