札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    公衆浴場併設
     公衆浴場390円(営業時間6~21時、第2、4火曜定休)が併設されている温泉宿。町営として昭和32年(1957年)オープンし、現在は民営です。

    公衆浴場の玄関前(翌朝撮影なので玄関にカーテンがかかっている)植木がいっぱい置いてある旅館玄関前
     公衆浴場用と旅館用の各玄関が、それぞれ隣り合ってありました。

    旅館玄関内。招き猫の置物がたくさん。写真右に公衆浴場へ行く出入り口あり
     旅館玄関をくぐり、スタッフに名前を告げると、2階客室へ案内。


    ◆客室

    客室ドアを開けて、内部を見る
    客室1
    客室2
     12室あるうち、通された客室は12畳+洋式トイレ付。テレビ、冷蔵庫、お茶セット&熱湯入りポット、扇風機あり。布団は折りたたんで客室の隅に置いてあり、自ら敷くシステムのよう。

    客室トイレはウォシュレット。便器はほかほか温かいアメニティー
     浴衣、帯、バスタオルのほか、緑色のビニル袋と中に入ったタオルも、すべて宿ネーム入り。さすがに歯ブラシはノーネームでした。

    共同洗面所共同トイレ
     2階に男女共同のトイレ、洗面所あり。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/727-49da040a

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。