札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    主浴槽から出入り口を望む
     日帰り営業時間6~21時、300円。夜中は湯抜き掃除するので、宿泊客も入浴できませんが、早朝4時に足を運ぶと、湯船に湯が満たされ入浴OKでした。


    ◆男性浴室の全景

    浴室ドアを開けると、こんな感じかけ湯前から見る
    小浴槽のところから望む寝湯の上から眺める男性浴室
     ゆとりある空間に、湯温の異なる浴槽3つ。


    ◆かけ湯

    かけ湯
     かけ湯したり、この湯を利用して髪や体を洗ったり。


    ◆主浴槽→熱め

    主浴槽主浴槽の湯口



    ◆小浴槽→適温

    小浴槽小浴槽の湯口



    ◆寝湯→ぬるめ

    寝湯寝湯の湯口



    ◆男性脱衣所

    男性脱衣所男性脱衣所だ
    男性浴室出入り口
     脱衣所に温泉分析書は発見しませんでした(私は)。でも、この宿のホームページに掲示されています。昭和42年の内容は、550メートルボーリングした自噴で、毎分1,540リットル。食塩泉、pH8.2、成分総計1.694g/kg、蒸発残留物1.580g/kg。

    アヨロもいいなあ。まだ行ってないのもアレですが。やはり月初めに行っておけばよかったと後悔中です。
    虎杖浜シリーズ(?)の今後にさらに期待いたします。(^^♪

    2007.06.26 22:23 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、コメントどうもです~
    小幌駅で毎年祭り・・・ 検索したらそのようですね。どんな内容なのか気になります。
    白老は、あと日帰りとか散歩したこととか、アップしたいと思っています。ご期待に添えられるよう精進します(笑)

    2007.06.27 19:33 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/737-52b854a7

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。