札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     札幌から利尻島は、同じ北海道内ですが非常に遠いところ。飛行機ならば新千歳空港→利尻空港まで小1時間(1日1便)。JRであれば、札幌駅から稚内駅へ特急で5時間→徒歩8分で稚内フェリーターミナル→利尻島の鴛泊(おしどまり)を目指し、東日本海フェリーに乗船→52キロの距離を1時間40分かけて鴛泊ターミナルへ到着。

    外観湯使いは公共温泉ですから・・・
     鴛泊ターミナルから徒歩20分くらい、山を登った先に位置する日帰り公共温泉が、利尻富士温泉保養施設。地中深く掘ったところ「利尻富士温泉」が誕生したため、平成8年(1996年)に、この施設をオープンしたそうです。

    男性内風呂
     ちょっと塩素臭を感じる内風呂でした。湯は、少しだけつるつるした感じ。

    男性露天風呂
     平成8年の分析書では、ナトリウム-塩化物、炭酸水素塩泉で泉温41.3度、PH7.8の湯は、動力揚湯で毎分171リットル。成分総計1.788g/kg、蒸発残留物1.443g/kg。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/745-06a37922

    | ホーム |