札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    駅のところから急な階段を登る
     釧路湿原駅で降り、釧路駅へ帰るノロッコ号が1時間後に来るまでの間、細岡展望台へ足を運びます。

    細岡ビジターズラウンジ外観
    細岡ビジターズラウンジ内部。休憩できる
     階段を登り切ったところに細岡ビジターズラウンジがあり、7月ながら肌寒いゆえ薪ストーブを焚いていました。さすが道東、と勝手に感じた次第。
     薪ストーブを囲んで休憩OKですし、軽食、土産物も売っています。

    細岡展望台
     細岡展望台に到着。初めて眺める釧路湿原は、緑が果てしなく続いている・・・。青空だったら、もう少しインパクトを感じたかも知れません。展望台は近くにもう1ヵ所ありました。

     私らのような観光客が多く、互いに記念写真を撮ってあげたり、「車に乗って大洗からフェリーで来たんですか。定年後は悠々自適で羨ましいですね」などと、観光より歓談したことが印象的。7月という北海道観光のシーズンですから、だからノロッコ号も細岡展望台も賑わっているのだなあと、実感しました。

    釧路へ帰るノロッコ号
     釧路湿原駅へ戻り、釧路行き12時28分のノロッコ号に乗車。いやはや満員で車内を見渡すと、自由席に座れなかった乗客が車内の端っこに立っています。私らの指定席は6人掛けで相席。2人掛けの方に座りたいな、とも思いましたが、釧路駅⇔釧路湿原駅に乗っている間、6人掛け側の車窓の眺めの方が良かったですね。
     釧路駅12時54分着。昼飯を食べに行きましょう。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/757-6d431c04

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。