札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     宿泊費は1人9,240円+入湯税。5月GW明けに予約しました。泊まってみて強く感じたことは、「この宿は温泉がとっても良いなあ」。

    男性露天にて、あわあわ。決してシャボンの泡ではありません
     湯面に浮かぶ天然の「あわあわ」。これって湯に含まれている重曹が要因だそう。

    男性内風呂の湯口
     ぱっと見、琥珀色の湯に誰かがシャンプーの泡を混ぜた・・・そんなふうに見えてしまいます。

     ここの「美人の湯」は、本当につるつるします。つれ曰く「美容液とかローションみたい。もっとオーバーに言えば、ゼリーかな」。
     湯船から出て、身体についた水滴を手で払うと、やっぱりつるつるして、身体を洗った際のせっけんがこびりついているのかな、と勘違いするくらい。すごい湯力だなと痛感。温泉を掘り当てたのは平成10年です。

    がいかん
     温泉を掘り当てて、現在の建物は平成12年に完成。宿ホームページを事前に拝見し、しゃれた外観で期待も高まったのですが、実際に泊まってみると、レストランや廊下、内風呂の造り・雰囲気は「公共温泉チック」と感じたのは当方だけでしょうか。夕食は、おひつで出された白米をしっかり食べて満腹な感じ。大人のボリュームです。

    しゃれた看板
     とにかく「湯」が良い宿でした。

    TAITO。
    いっちさんのいかれる1週間前にレストランで昼食だけ食べました。お風呂は疲れていたのでパスしましたが本当に素晴らしい泉質だと思います。
    ただ宿としてはちょっとチープな感じが残念といえば残念かもしれません。

    しかし数年前泊まった時と全然夕食が変わっていないのはある意味凄いです。^^;

    2007.07.25 00:18 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、どうもです~
    夕食・・・数年前と同じでしたか。次行くならば、日帰りかな、と改めて思いました(笑)

    2007.07.25 22:04 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/764-8414c57c

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。