札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     砂湯を後にし、クーラーを効かせたレンタカーで道道52号を道なりに走ると、なんだか「放屁した」臭いが立ち込めてきました。
     親しき仲にも緊張感を持とうよ! 苦笑しながら、一瞬だけつれを疑りましたが、ああそうか、これって硫黄の匂いなのだな、と気づく次第。大変失礼。

    道道52号から望む硫黄山
     目の前に硫黄山が見えてきました。

    ぺんぺん草すら生えていない
     駐車場に入り、車の窓越しにスタッフへ駐車料金410円を支払うと、駐車場利用券をくれました。ここは、財団法人自然公園財団というところが運営しているよう。それにこの利用券は、摩周湖の駐車場も利用できる半券付でした。

    山は生きている
    硫黄山に登り、振り返った風景
     岩肌から蒸気が勢い良く噴出し、煙に覆われ、単純に面白いですね。

    こんな看板が物騒?
     この硫黄山の蒸気を活用し、ゆで卵を作って販売する「許可」を持つシニア層の女性がおり、5個400円で販売、黒山の人だかりでした。
     スーパーで卵10個パック150円前後。5個75円が400円に化けるのですから、「美味しい商売」ですよね。だから目をつけたのでしょうか、暴力団関係者による無許可販売が横行している様子が、看板から伺えました。事実、最近逮捕者を出しているようですし。

     レストハウスでも、ゆで卵売ってましたが、ここも5個400円。そう言えば、別府だったら、1個40円でしたね。「許可」を持つ方は、5個400円で販売しなければ商売上難しいのでしょうか。
     別府のようにもっと安く、1個からでも売れば、暴力団は対抗できずに商売の旨みを感じなくなり、やって来なくなると私感です。

     ゆで卵、買いませんでした。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/768-1d1f5503

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。