札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     今回の「道東2泊3日の旅」は、つれが企画。宿選びから予約、切符の手配まで、すべてお任せとあって、気分も上々。
     湯宿だいいちは、5月上旬につれが電話予約した時、唯一「トレーラーハウスならば空いてます」と言われたそう。トレーラーハウスは宿から少し離れ、宿社長宅の隣に佇んでおり、受け答えしたスタッフの「宿の風呂や食事処に行くのに遠いし」と、言葉尻からお勧めできない雰囲気を感じたつれは、他の客室のキャンセル待ちをしつつ、「他の宿」に予約してました。

    トレーラーハウス。露天風呂付で、意外と良いかも
     人気宿ゆえに、キャンセルなんてあるわけない、と勝手に決め付けた私はすっかり「他の宿」に泊まる心積もりでいたのですが、今回の「道東2泊3日の旅」の前日夜、手渡された「旅のしおり」に目を通すと「湯宿だいいち」と明記。
     びっくりして聞けば、直前になっても連絡のない宿に電話して、キャンセル待ちの状況を聞き、「空いたら連絡ください」と強くプッシュしたところ、運良くキャンセルがあり、「道東2泊3日の旅」の前日午前に電話があったみたい。
     そして、予約していた「他の宿」にキャンセルの電話をしたところ、大変感じ良く対応してくれたようで、この「他の宿」も次回要チェックですね。

    混浴ですよ
     で、肝心の宿の雰囲気ですが、この宿は客のニーズを取り入れ、どんどんリニューアルを重ねてきた感じ。全29室の宿は、ロフト付のメゾネットタイプ10室(露天風呂付2室)、露天風呂付3室(ロフト付2室)、和洋室8室、和室6室、洋室1室、トレーラーハウス1室。
     チェックアウト時にスタッフにお願いしたところ、快く露天風呂付客室を中心に案内してくれましたが、いやはや各室とも造り・雰囲気がまったく異なり、ここはリピートしても、そのつど新鮮だなあと私感。
     この宿の宿泊料は客室によって異なり、夕食・朝食は価格に関わらず同じメニューでした。それならば、安い客室に泊まるのも手かと。私らが泊まった212号室は、ロフト付で広々していましたが、それにこだわらなければもっと狭くて安い客室がありますので。ちなみに212号室は消費税込み1人20,100円。

    もちつき
     この宿、宿泊客が15人以上の際、朝の1階ロビーで餅つきします。宿泊客も手を挙げて餅つきに参戦。大いに盛り上がり、周囲から拍手喝采でした。

    お土産のもち
     ついた餅は、チェックアウト時に御土産としてくれます。

     スタッフは「教育された」感じの良さ。ていねいだし、やさしいし、機転が利くし。例えば、夜にアイスを買いにフロントへ行ったところ、土産屋は閉まっていたのですが、スタッフに言うと明るく応じてくれ鍵を開けて対応してくれました。
     他の宿はちょっとこの宿を見習ってほしい今日この頃でした。

     

    いっち様
    詳細なレポート、拝読いたしました。とても綺麗でポイントを掴んだ写真とコメント、わたくしの勉強不足を痛感しているところでございます。

    とてもよい宿ですが、課題はやはり夕食かな、、。以前のようにただ多種多量というのも困るのですが、もう一捻りして欲しい気もしております。
    しかし朝食は道内というか国内でも随一と言ってもよいかもしれません(私感)←真似してスイマセンm(__)m。

    特に内湯の写真、素晴らしいですね。どうよな工夫があるのかご教示いただければ幸いです。

    2007.08.04 23:34 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、過分なるコメントありがとうございます~ 
    私も夕食内容が引っ掛かりました。私の今回の場合、「熱々」の食事が皆無だったんです。夏だから、そうなのかと思った養老牛の夜でした。朝食はご指摘通りの素晴らしさと「私感」(笑)。

    内風呂の写真はじめ、特にどうという工夫はありませんm(__)m あるとすれば、早朝の誰も入浴者がいない状況の中、落ち着いてシャッターを押したことでしょうか(笑) あと1眼レフで撮影し、良さそうな画像処理ソフト(フリーソフト)に変更したことでしょうか。

    2007.08.05 20:06 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっち様

    2年ぶり7回目の宿泊。旧館の一人部屋315号室でしたが、改装されておりいい感じでした。昨年完成の新館の風呂は真新しく、非常に清潔感がありましたよ。朝食は他のコメントにある通り相変わらず素晴らしいです。夕食ですが少し量が減った気がしました。毛ガニが半減したようです。ただ私には十分な量ですし、一気出しでなくタイミングを見計らって出してくれるので食べやすく、温度の低下は気にならなかったです。いっちさんのご指摘の通りスタッフは相当訓練されているようですね。それとスタッフの定着率が高いようです。初めて訪れた8年前からいるスタッフも数人見かけました。
    朝のもちつきや夜のフクロウの登場(餌付け)など工夫が凝らされており、道内随一の宿であることは間違いありません。いつも6月下旬に行われるサロマ100キロマラソン出場のあとに訪れるのですが、次回は真冬にも泊ってみたくなりました。私的には西の銀婚湯、東のだいいち、と云ったところです。

    2012.06.28 14:22 URL | がーこ #- [ 編集 ]

    がーこさんへ

    おはようございます~
    だいいち、7回も泊まっているのですか!!!
    しかも、100キロも走った後に(びっくり)
    マラソンに温泉宿宿泊に、充実したオトナの休日の過ごし方を感じました(笑顔)

    だいいちは1回しか泊まっていませんが、
    おっしゃるように清潔、朝食、シマフクロウなどなど心に残る良宿と受け止めています。
    そして何より「女性スタッフ」の接客がいい感じですね。札幌から見たら最果ての養老牛という地で、
    あれだけ仕込まれた接客を受けると、なおのこと感動します。
    定着率のお話しを聞き、
    職場環境が良い→だから頑張る→さらに接客に磨きがかかる→客の評価が高まる→やりがいを感じ、もっと頑張る
    なのかなあ、と。スタッフがいきいきと働く姿って、いいですよね。

    それに1人客もきちんと受け入れる姿勢も好印象と感じました。銀婚湯もしかり。
    「西の銀婚湯、東のだいいち」。がーこさん、名言ですね(笑顔) ちょっとワタシも使わせてもらいます(笑)

    また、どこかへお泊まりされましたら、ご感想をお寄せ下さいませ(笑顔)
    とっても勉強になります!

    2012.06.30 06:24 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/777-72ddb5d2

    | ホーム |