札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    昔むかしの病院(○○医院)みたい
     昭和49年(1974年)開業の宿。日帰り8~22時、300円。券売機でチケットを購入しスタッフへ手渡します。

    玄関玄関の右手にあるロビー(休憩室)
    脱衣所前男性脱衣所
     館内は昭和の空気が色濃く漂ってます。

    男浴場の見取り図(手書き)
     男性浴室は、内風呂が浴槽4つ、露天風呂が浴槽3つ。銭湯チックな風情。
     脱衣所に張ってある説明書きを読むと、内風呂浴槽の湯使いは、循環ろ過1つ、循環ろ過塩素殺菌1つ、細工なし2つ。露天は加水のみ。
     
     温泉分析書(昭和44年)は、単純泉(pH8.4、蒸発残留物0.663g/kg)、680メートルボーリングした自噴で、毎分350ℓ。つるつるした浴感です。

     お客さんが途切れなくやってきました。翌年(2008年6月)に訪れた時の様子はこちら

     ここ、平成15年6月下旬に1泊してます。当日電話予約OKで、2食付7,350円。夕食は部屋食で、毛がに半身つきました。古臭い(ビンボー臭い?)館内で、他の客は観光バスのドライバーと思しめき方々。騒ぐ者もおらず、ひたすら静かな土曜の夜でした、と記憶してます。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/817-35e0bf9e

    | ホーム |