札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    玄関
     国道36号沿いで、食堂&旅館を経営。日帰り入浴の客は、食堂の玄関をくぐり、靴を脱いでスリッパに履き替え、店主に200円手渡して、風呂へ行きます。営業時間7~21時。

    脱衣所前男性脱衣所

    男性浴室1男性浴室2
    湯船
     家族風呂の広さで、洗い場4つ、固形せっけんのみ完備。蛇口から湯が注がれ、たまご臭を感じます。多少つるつるした浴感。手書きの温泉紹介では、硫化水素泉、泉温42~43度。保健所の銀色シールによると、一切加工なし。

    宿もやってます「英療術院」を併設。確かに建物内に「治療室」という看板があった
    ライダーは素泊まり2,000円普通は3,000円
     多角的に営業しているようです。

    こんばんは。次回は、ぜひ共楽や萩野荘などを訪問したいなあと考えております^^
    露天などなくても、不思議と白老のお湯は満足感があります。汗がどばー・・・っと出て疲れがとれますよね!

    2007.08.19 21:13 URL | さくら #NqNw5XB. [ 編集 ]

    さくらさん、共楽旅館の湯も汗がたっぷり出て、なかなか脱衣所から出れませんでした(笑)
    萩野荘、行ったことないですね~ 徒歩で周る私にとって、萩野荘方面は遠いです(笑)

    2007.08.19 21:32 URL | いっち #- [ 編集 ]

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2009.03.05 13:19  | # [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/818-a3d88d9c

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。