札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
     宿泊している登別・清水屋前の道路を北上(カルルス温泉、オロフレ峠方面)し、望楼NOGUCHI登別、石水亭の前を通ると「親子鬼像」があり、さらに進んだところに、天然足湯へ行く山道(大湯沼川探勝歩道)入り口が見えてきました。ここまで清水屋から徒歩10分弱くらい。

    親子鬼像カーブ沿いに大湯沼川探勝歩道の入り口が見える
    天然足湯&大正地獄&大湯沼入り口歩道は木で整備されている
     大湯沼川探勝歩道を歩くこと5分もかからず、天然足湯を発見。

    いい感じ
     大湯沼が源泉の「大湯沼川」が、そのまま足湯に。
     この川は温泉街を流れるクスリサンベツ川に合流するそう。

    丸太に座って足湯を楽しむ
     川沿いに座るところが整備されています。

    乳白色の湯が流れる
     適温ですね。2~3分間は当方貸切状態でしたが、その後はさまざまな方が訪れ、思い思いに足湯をエンジョイ。読書にふける方もいて、楽しみ方は多種多様だな、と感じました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/833-041bfe36

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。