札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    看板
     「料理旅館」と公言する、客室7室の宿。

    2階窓の右側半分が、当方宿泊の客室窓
     函館・谷地頭地区の住宅街に佇む2階建てこじんまり宿です。

    玄関を望むロビーから玄関を見る
     玄関をくぐると、スタッフが待機しており、「予約してました」と名前を言えば、どうもどうもと荷物を持ってくれ、今宵の宿へ案内してくれました。

    2階客室前廊下客室出入り口
    古臭いけど掃除はきっちりな客室
     通された客室は、2階「宝来」。和室8畳+縁側(テーブル&イス&洗面台&鏡台)。14型テレビはリモコンなし、冷房(クーラー)完備。ポットは熱湯入り、氷水入りの2つあり。

    調度品は減価償却済み清く正しい温泉旅館の客室
    歯ブラシのほか、バスタオル&タオルに宿ネーム無記載浴衣
    客室窓からの景色。住宅が見える2階男性共同トイレ
     冷蔵庫と金庫はないです。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/847-7798a5a8

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。