札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    男女脱衣所前男性脱衣所
     風呂は1階にあり、男女浴室とも内風呂のみ。

    ◆男性風呂

    どーんと湯船1つ
    男女浴室を仕切る壁に絡まる観葉植物は本物
     温泉成分(析出物)が湯船縁と浴室床にこびりつき、層を成しています。

    湯の流れに沿って析出物が積層されている析出物で床はでこぼこ
    男性湯口湯は茶色い


    ◆女性風呂

    女性の浴室・湯船は小ぶり
    野趣溢れる雰囲気に見える
    洗い場3つ女性脱衣所
     昭和29年の手書き分析書が脱衣所に掲示。申請者は函館市水道局、谷地頭温泉第5号井、67,1度、毎分1,100ℓ、pH7,0。含硫酸含土類石膏強食塩泉。蒸発残留物26.522グラム。

     夜中も入浴できます。日帰り単独受付はやってませんが、1人ウン千円する会席料理を食せば入浴可らしい。

    すごい湯船ですね~!
    これは入ってみたい・・羨ましいです^^

    日帰り客がないと、のんびり入っていられますね。
    日帰りばかりの私には少々残念ですが・・^^;

    2007.09.22 19:29 URL | のん #InnHFb.. [ 編集 ]

    のんさん、こんばんわ。
    郡司勇氏にも入浴してほしいほど、析出物ででこぼこな床が素晴らしい宿。成分総計も多い(濃い)ですよね。
    日帰り入浴を池の端は受け付けてませんが、それが「秘湯」気分を高めるなあ、と感じてます。秘湯イコール俗世間に知られていない温泉と考えれば、山奥の大自然にこんこんと湧くところ以外に、身近な街中にもあるのだなあと私感です(笑顔)

    2007.09.22 20:14 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/848-080ca0b6

    | ホーム |