札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ◆極上の料理宿へようこそ

    池の端
     9月4日(火)夜、「はこなび」でネット予約。プランは、14,700円、16,800円、21,000円の3タイプありますが、値段の違いは「料理の品数、料理の手間ひまのかけ具合」(スタッフ)と言います。いずれの値段も標準価格より1,050円割引とのこと。
     当方は一番安い14,700円をチョイス。前回宿泊は平成15年(2003年)4月下旬ですから、4年半ぶりの再訪です。その時は電話予約し16,800円くらいで泊まりました。

    浴室へ続く廊下
     ここは「料理旅館 池の端」と謳うだけに、なんと言っても食事が楽しみ。メニューは月替わりって、道内の温泉宿で他に皆無なのでは。1~2品ずつ運ばれてくる夕食、美味しゅうございました。焼きネギを口にしたら酢の味がする・・・ これだけでも「手を抜いていないなあ、食すこちらも気を抜けないなあ」と感じた次第。

     この宿、会食&入浴のみも受け付けており、地元の割烹店というか料亭な位置づけ。光を利用したしゃれたインテリアデザインの宿内を拝見すると、なんだか敷居の高い地元政財界人の御用達な宿では・・・

     実際は私のような一見客にもスタッフは気さくですし、夕食時に飲み物持ち込みOK(宿には瓶ビールと日本酒しかないそう)という点が嬉しい限り。

     この宿、客室に冷蔵庫ないんですね。そのため、持ってきた白ワインをスタッフに渡して冷やしてもらい、夕食時に持ってきてもらいました。
     館内にジュース自販機がなく、夜中に何か飲みたくなっても、洗面所や風呂の水道水を飲むしかないです。まあ、氷入り冷水ポットがありますので、それで対応かな。宿の近くに24時間コンビニってなかったですよ。市電谷地頭駅前のスーパー前に自販機あり。


    ◆濃厚湯を真夜中も堪能

    夜中の男性風呂
     この湯を夜中も堪能できます。湯は市営谷地頭温泉のところに源泉が1つあり、そこから分湯してもらってます。析出物は取り除いても、すぐに出来ちゃうそう。
     
     この宿は、ベテラン調理人の凄腕料理を食せるほか、成分濃厚な湯を堪能できる・・・ それで2食付14,700円ですから、お得もいいところ。建物自体はもう減価償却済みのくたびれた感じなので、この値段が可能なのでしょうか。もちろん、館内は掃除が行き届いてますよ。
     もし、建物も新しくモダンな感じであれば「1泊30,000~40,000円です」と言われても不思議ではないかも。それだけ、ここの食事&湯はレベル高いです。つたない温泉宿宿泊経験上ですが。
     近場に住んでいたら、それこそ毎月変わる食事を楽しみに、足を運んでいるかも知れません。

     帰り際、小雨がぱらついていたので、スタッフにビニル傘2人分をいただきました。ありがとうございます。

    この析出、凄いですねえ。幌加とか湯抱温泉中村旅館とか析出で知られている場所と比べても遜色ないです(私感)。

    お料理も素晴らしいですね。最近は料理で唸るような宿に泊まっていないのでなお羨ましいです(^^ゞ。

    2007.09.24 23:49 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さん、どうもです~
    わたしもこの析出物をみて、ホロカ温泉旅館を思い出しました。床がでこぼこして歩きづらいですし。
    この宿は「出没!アド街ック天国」函館編でむかし拝見。その筋(どの筋?)には有名だと思うのですが、私が泊まった休日に宿泊客4組(マックス7組)で風呂も貸切状態だけに、まだまだ穴場だなあと私感です(笑顔)

    2007.09.25 18:38 URL | いっち #- [ 編集 ]

    先週爆弾低気圧襲来の中で宿泊してきました。

    5名で3室押さえてもらいましたのでゆったり気分でした。お部屋は2階最奥の連続する3室でした。他にもお客はいたようないないような。

    何より風呂好きの好事家集団ですのでこのお風呂の析出には「おお~っ」と喚声ともつかない雄叫びが、、、(笑)。

    お食事も良かったです。派手さや奇をてらったものは無く、一品一品の素材にきちんとした「仕事」がしてあるという感じでした。煮物の中の一品の「えびいも」の美味しさは格別でした。熟練した板前の技でしょうか。

    冬季故お風呂の満足な写真が取れなかったのが残念でした。

    また行きたいですね。


    2008.03.02 21:07 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    ついに宿泊されましたか、駅前旅館さん!

    確かにあの風呂は、歓喜の雄叫びをあげるか、もしくは感動の気持ちが声にならないくらい感極まるかも知れませんね(笑)

    職人技が光る食事は、ありがたい限りです。

    低気圧の中、無事帰れたようで、何よりです。私は北湯沢温泉からの帰り、JR運休の不運に見舞われてしまいました(苦笑)

    2008.03.03 20:38 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/851-68e882d1

    | ホーム |