札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    外観
     ウェルハートピア函館で、日帰り入浴をのんびり味わった後、市電で谷地頭→青柳町→宝来町で降り、つれがお気に入りの喫茶店へ到着しました。電車賃200円。

    玄関前玄関を開けると、右手に雑貨屋、左手に喫茶店
     明治38年に建てられた土蔵を改装した喫茶店。当時は質屋で、石川啄木氏の奥さんが足しげく通ったそう。

    ワッフル
     ワッフルセット890円、冷珈琲630円。営業時間10~22時。

    2階の様子
     岩手生まれの石川氏は、東京、岩手の後、函館、札幌、小樽、釧路を渡り歩き、最後は東京で肺結核にて死去。享年27歳。奥さんは後を追うように1年後に亡くなり、石川氏は死んでから売れっ子詩人になりましたとさ。
     この喫茶店は、函館市文学館で石川啄木氏の展示物を4年半前に堪能した後、そこで売っていた函館物語(辻仁成氏・集英社文庫)を読み、知りました。有名すぎる観光スポットとも感じますが、実際に足を運ぶと地元の方も訪れてました。

    時代がかわり、建物の使われ方も変わったけど・・いい感じのお店ですね。
    次回の函館訪問日によりたい店です。

    2007.09.29 15:40 URL | かりん #- [ 編集 ]

    かりんさん、こんばんわ。
    函館は歴史を感じる建造物があちこちにあり、散歩していて楽しいですね~ 今回は雨だったのでアレでしたが。
    この喫茶店は1階がカウンター&テーブル席、2階が写真のような靴を脱いで座敷になっていて、吹き抜けになっている1階を望めますよ。

    2007.09.29 19:48 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/853-ecceff5b

    | ホーム |