札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    電車(13時13分撮影)親水(しんすい)公園入り口
     JR北海道のアヨロ線通り踏切を通り、道なりに歩くとすぐに、「親水公園」の看板が見えます。

    親水公園
     こんなふうに緑豊かな公園になっており、奥に水辺があるので近づきます。

    水道管のようなところから、こんこんと水が湧き出ている
    涼を味わえる
     「注意」と赤字で記載された看板には、白老町水道課の名前で「この湧水は、池に利用しておりますので、水道法に定められた浄水処置は行っておりませんので、ご承知下さい」。
     こうした中、焼酎のペットボトルを何本も持ってきて、水を詰めている方々が複数人いました。「ここの水はね、とっても美味しいのよ。あなたどこから来たの、そう札幌ね」というご婦人の話を聞きつつ、手ですくって飲んだ水は冷たくていい感じでした。あくまで自己責任で。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/859-011528d8

    | ホーム |