札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

     客室に置いてあった温泉分析書(平成12年)を読むと、申請者「温泉ホテルオーシャン」、泉温47.2度、PH8.6のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。成分総計1.020g/kg、蒸発残留物0.907g/kg。動力揚湯でした。

    掲示
     この宿は、新館(風呂の館)にある日帰り&宿泊客用の風呂のほか、本館には宿泊客専用風呂を完備している点が特記事項かな。

    【日帰り&宿泊客用】

    ◆日帰り専用玄関周り

     宿泊客は2階休憩室を通り抜けて階段を降りた先に、日帰り専用玄関にたどり着きます。

    日帰り専用玄関。写真右奥にレストランという名の食堂あり2階に休憩室あり
    2階休憩室。惣菜を持ち込んで食す家族連れ等で大賑わいだった男女脱衣所前
     1階レストランor2階休憩室で、豚丼、ジンギスカン丼が各630円。ほかメニューあり。

    ◆男性風呂

    男性脱衣所
    男性内風呂
    バイブラ湯サウナ&冷凍サウナ&水風呂
    飲泉 内風呂はバイブラ湯という名の主浴槽、サウナ、冷凍サウナ、水風呂、飲泉所あり。シャンプー&リンス、液体せっけん完備。

    男性露天の全景
    岩風呂&五右衛門風呂超音波&打たせ湯
     露天風呂は岩風呂、五右衛門風呂、超音波風呂、打たせ湯(上から湯が流れていない)。


    ◆女性風呂

    女性内風呂
     内風呂の構成は男性風呂と同じ。

    磯船風呂
    五右衛門風呂女性岩風呂
    女性超音波&打たせ湯 女性の露天に限り、磯船風呂があるみたい。
     日帰り営業時間は10~22時、400円(券売機で購入)。宿泊客も22時で入浴打ち切り、翌朝6~7時半までOK。その後、清掃して10時の日帰り客を迎える準備をします。


     以下が、本館にある宿泊客専用の風呂。こちらは24時間入浴OKを謳います。

    【宿泊客専用】

    ◆男性風呂

    男性脱衣所
    内風呂に浴槽2つ。左の小さい湯船は熱め、右の大きめ浴槽は適温
    洗い場4つ、左手に展望風呂へ続く階段あり
    階段から望む
     内風呂は大きめ&小さめの浴槽。階段を上がると、展望風呂あり。

    これが展望風呂
    壁はガラス張りそんなに広くない
    サンルーム マジックミラーによるサンルームのような展望風呂で、日差しを浴びながら入浴します。観葉植物がちょいとした南国ムードを醸しているかな。



    ◆女性風呂

    内風呂
    「露天風呂」と掲示されたドアをくぐり・・・階段を登って、こんな長い廊下の先に・・・
    女性展望風呂あり。男性展望風呂より広そう
     浴槽数は男性風呂と同じ。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/865-7257bb35

    | ホーム |