札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    特急オホーツク1号(旭川駅で撮影)
    看板旭川駅 札幌駅7時21分発の特急オホーツク1号(網走行き)へ乗り、旭川駅8時58分で下車。

    旭川駅前のバス停超特殊低公害バス 旭川駅前→天人峡→旭岳→旭川駅前を走る、いわゆる循環バス(旭川電気軌道)9時10分発は、ほぼ貸し切り状態。

    車窓の眺め
     忠別湖(ダム)付近で、車窓から見る大雪山系の山々は、凛々しいです。

    車窓は冬景色に
     いつの間にか雪景色になりました。

    天人峡バス待合所 旭岳or天人峡で二股に分かれる道を、天人峡方面へバスは進み、天人峡バス待合所に到着。周辺宿に泊まっていた客が乗り込みます。
     バスは15分ほど休憩して10時25分に出発し、当方は旭岳温泉街入り口付近のバス停で下車。10時55分くらい。

    旭岳
     今宵の宿へ荷物を預け、天気に恵まれたため、まずは旭岳ロープウェイ駅までの900メートル(坂道)を散歩します。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/886-c24f02e4

    | ホーム |