札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ◆内風呂

    迫力ある岩が目に飛ぶ込む
    窓が大きいため、明るく開放感がある
    浴室内に浴槽4つ
    脱衣所から浴室へ入ると、まずは寝湯と洗い場がある。この奥に大きな浴室がある
     寝湯と洗い場の前を通った先に、大きな浴室(浴槽4つ)があり、寝湯と合わせ計5つの浴槽があります。


    ◆浴槽

    正苦味泉
     目薬の湯。ぬるめ。

    石こう泉
     ぬる湯(カルシウム泉)。ぬるすぎ。

    芒硝泉? 緑ばん泉?
     元湯(湧駒別元祖の湯)。適温。

    炭酸水素塩泉
     岩酸水素塩泉。ぬるめ。

    芒硝泉
     寝湯。ぬるめ。


    ◆露天風呂

    露天への通路からっぽの屋根付き露天風呂
     露天風呂は1つ。「シコロの湯」同様、冬期間は閉鎖。

    ↓から写真を見てきたんですが、内湯なのに湯煙がうつらない撮り方で、温泉の感じが分かりやすいですね。コツはなんでしょうか?

    2007.11.20 17:41 URL | かりん #- [ 編集 ]

    「岩酸水素塩泉」を見る度に「プッ」と笑ってしまいます^^;

    2007.11.20 21:58 URL | のん #InnHFb.. [ 編集 ]

    かりんさんへ。
    湧駒荘の浴室は、そもそも換気扇が回っています。それに42度くらいの湯船が1つあるほかは、30度台の湯温ばかりでぬるいので、湯煙がたたないので、誰が撮影してもこんな感じかな。そう私感です(笑顔)
    湯煙舞う浴室の撮影は、浴室の窓を開けて湯気抜きするしか、湯気無しの写真を撮影する方法はないと思っています~

    2007.11.20 22:20 URL | いっち #- [ 編集 ]

    のんさん、どうもです。
    やっぱり「岩酸水素塩泉」は、誤植ですよね(笑) こんな泉質あったかな、と宿泊中気がかりでした(笑顔) 安心しました、ありがとうございます~

    2007.11.20 22:24 URL | いっち #- [ 編集 ]

    日帰り施設はこないだ初めて入ってきましたが、露天が少しあったかい程度でした。
    宿泊すると、本家のお湯にも入れて、いい感じですね。

    2007.11.23 23:05 URL | さくら #NqNw5XB. [ 編集 ]

    さくらさん、こんにちわ。
    そうですね、ここの湯は、全体的にぬるめですね。熱湯好きの方が冬に行くと、ちょっと物足りない?・・・ 夏だったら、このぬるさが心地よいかも知れませんね。

    2007.11.24 16:45 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/898-a298bce3

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。