札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    「オロフレ荘」の書体に、「大正ロマン」「モダン」な味わいを感じる
     登別駅や登別温泉街に近いカルルス温泉は、海抜350メートルに位置し、開湯は明治32年(1899年)。100年余の歴史があるのですね。
     湯宿は全部で6軒ある中、「湯元 オロフレ荘」は、昭和34年(1959年)に登別市が国民宿舎としてオープン。平成4年(1992年)から、代々湯元を守る「日野家=有限会社カルルス温泉」が経営を引き継いでいます。
     
    男性内風呂の湯口はこんな感じ
     同社が所有する源泉は、この宿の温泉分析書に記されてある源泉4本。スタッフに聞けば、湯がぬるくなった2本は現在使用しておらず、実質2本を使用しているとのこと。それでも他の湯宿、別荘、企業保養所等に湯を供給しており、湯量は豊富みたい。4本合計では毎分1,200リットルとも800リットルとも言われていますが、2本だといかほどでしょうか。「どのくらいだべなあ」と、スタッフ談。

    男性露天の湯口
     宿に着いてすぐ入浴した際、湯を手ですくって臭いを嗅いだのですが、どうも泥臭いですね。これって、さっきまで宿泊していた望楼NOGUCHI登別の「単純硫黄泉」の成分が、身体(手)に染み込んでいるからなんですね。何度か入浴したら、身体の臭いは取れました。温泉ってすごい、と改めて思った次第。

     カルルス温泉自体の湯は、無色透明、無味無臭の単純泉で、浴室内の寝湯のところに「芒硝性単純泉」と明記。ナトリウムイオン、硫酸イオンが多いですねえ、単純泉ながらこれら成分が融合してそよそよ肌を撫ぜますよ、なんて絶対感じるわけはなく、単なる表現方法の1つです。

     湯が放射性鉱石を通ってくるからなのか、ラジウムを含んだ温泉(温泉分析書には明記されていない)と言われているようですが、放射線測定器で浴室内の放射線濃度を測ったわけではないので、体感としては、よく分かりません。被爆を実感したらマズイですよね。
     ただ、湯気だらけの内風呂で、日帰り客が引けた21時過ぎに寝湯へ浸かり、貸し切り状態でぼーっとしていたら、なんだか心地良くなってきてゆったり。これは、実感しました。

    寝湯の近くにある招き猫。手の上に50円玉が乗っていた
     宿泊料は1人8,500円+客室への夕食配膳料500円=9,000円です。Yahoo!トラベルを通じ、じゃらんnetで12月12日(水)夜にネット予約しました。
     
     望楼NOGUCHI登別に1人43,050円で泊まった翌日、この宿へ投宿。両宿とも楽しかったですね。値段に見合った「適正価格」と言うのでしょうか。事前にリサーチして、求めていたものを味わえた、という感じ。
     この値段で、全館改修したばかりのきれいなトイレ・洗面所付の客室で、快適さはOK。風呂も食事もまずまず。静養できますね。これが求めていたものかな。
     登別駅や登別温泉街まで、送迎してくれるのも嬉しいです。

     今回、この宿をチョイスした個人的理由は、つれが大好きな元オリックス・バファローズ監督の仰木彬氏ゆかりの宿、ということです。

     仰木氏は、平成17年(2005年)12月に、肺がんで亡くなりました。享年71歳。
     ある時、仰木氏は登別温泉へ宿泊。その翌日、オロフレ峠を見学し、「せっかくだからカルルス温泉で日帰りしよう」と、湯元 オロフレ荘に立ち寄ったところ、ずいぶん気に入ったようで、それから3年間、毎年2~3泊泊まりに来たと言います。来なくなってから2年後に天に召されたそう。

     今春改修される前までは、仰木氏をはじめ、イチローを筆頭に野球人のサイン色紙など館内に飾ってあったと聞きました。今はやっていないです。「見たいです、再び飾ってくれたら良いなあ」と、スタッフに要望だけしました。

     カルルスの湯宿は、値ごろ感が良く、他の宿もチャレンジしてみたいと思っております。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/936-27c3a35d

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。