札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    確かに「ぜいたく」!
     蒸しうに、蒸しかに、紅鮭スモーク、いくら醤油漬け・・・


    眺めてウットリ、美しい
     酢飯の上で、うに、かに、サーモン、いくらが「ようこそ北海道へ!」と、挨拶している感じ。

    弁当箱はプラスティック製
     ゴールドのパッケージが高級感をかもし出しています。弁当箱がプラスティックなので、なんだか捨てるのがもったいないですね。

     「たらばがにと紅鮭のぜいたく寿し」。札幌駅立売商会、1,300円。

     札幌から道南の温泉宿へ向かう特急内で食しました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/955-3080ddb1

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。