札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    狭からず広からずな浴室
    湯船壁面が斜めになっており、寝そべって入浴できるカラン、シャワー、リンスインシャンプー、ボディーソープ付
     家族風呂の湯船は2人用かな。木の枕が設置され、湯船壁面が軽く斜めにデザインされており、「寝湯」が楽しめます。

    奥に家族風呂出入り口こざっぱりした脱衣所
    ドアを開けて浴室に入る。写真右にチラッと見えるのは「ベビーベッド」 「こもれびの湯」の隣に家族風呂出入り口があり、空いていれば自由に利用でき、内側から鍵をかけて湯浴みをエンジョイ。

     家族風呂で使用している湯は、2003年(平成15年)4月の温泉分析書によると、川向1号&川向3号&源泉1号&源泉2号の混合泉。内風呂、足湯もこの湯を使用しているそう。

     泉温60.2度、pH7.5のナトリウム-塩化物泉は、成分総計6.708g/kg、蒸発残留物5.991g/kg。湧出量は毎分147リットル。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/962-0ac111f3

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。