札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ◆露天風呂

    湯船1つ
     誰もいない露天風呂に、夜中1人で入浴しました。

    適温の湯が注がれている
     ライトアップされています。湯は桂の湯と同じ

    のれん脱衣所。右手ドアが内風呂、まん前のドアが露天
     露天風呂の脱衣所。露天、内風呂のどちらにも行けますし、内風呂から露天に行く際は、必ずここを通ります。

    ◆内風呂

    脱衣所のドアを開けたところから見る
    岩風呂
     全長17メートルの細長い湯船が1つ。窓外はライトアップされていました。

    昔は混浴だったそういい感じ
    昔はこんな湯口はなかった 湯は家族風呂と同じ


    右手に内風呂脱衣所。奥に見えるのは露天の脱衣所こざっぱりした脱衣所
     渓流の湯は、夜中0時まで男性、それ以降、朝9時まで女性が入浴できます。

    夜もまた素敵ですね~(*^_^*)やっぱり、またまた行きたい気持ちが膨らみました!
    内風呂も情緒があって、雪景色が見えていい感じですね!
    しかも、母はこういった岩で囲まれた浴槽っていうのでしょうか?
    それがなぜか好きらしいので、やっぱり連れて行ってあげたいな~と思いました!

    お父さんおいてきぼりで行くしかないかな?なんて(笑)

    2008.02.08 21:49 URL | 登別温泉のO #CC1UA2B. [ 編集 ]

    ご指摘のように「情緒」という言葉がぴったりくる湯宿でしたよ、登別温泉のOさん!
    お父さんもぜひ連れていってください、ぜったい寂しがりますよ~(笑)
    みんなでニッコリ、銀婚湯!

    2008.02.08 22:35 URL | いっち #- [ 編集 ]

    ライトアップされた光を吊り橋から見ると
    千と千尋の神隠しに登場した湯宿のようで
    綺麗でしたね、この湯を夜中に入れ替えと知っていたので12時半頃に入りに行ったけど、静かすぎて、入浴も撮影もやめましたね。
    夜の写真がとても綺麗で旨いです。

    2008.02.09 15:06 URL | かりん #- [ 編集 ]

    どうもです~ かりんさん。
    吊り橋から夜(夕方)の景色・・・そんな夜景スポットがあったのですね、いいなあ(笑顔) 夜遅く、外に出て玄関前の建物は拝見し、きれいでしたね。

    渓流の湯、私も誰もいなかったので、ちょっと怖かったです(苦笑) この宿は客室数21室の割には建物や風呂が大きくて、人の気配があまり感じられないからかな。

    2008.02.09 18:57 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/964-ee016442

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。