札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    かにめし1,000円パッケージが変わっていた 正式名称「かなやのかにめし」は、昭和25年発売以来のロングセラー駅弁です。1,000円。

     八雲町・温泉旅館 銀婚湯に泊まった帰り、八雲駅11時57分のスーパー北斗7号に乗り、18分後の12時15分に長万部駅へ到着。
     ここで、JR側はかなやのかにめし1,000円、特製もりそば弁当600円を車内に積み込みます。基本的に注文した乗客分しかないそうですが、運良く1個だけ余っているというので、素早く購入しました。「今度からは事前に予約してくださいね」(売り子さん)。ちなみに予約締め切りは長万部駅到着の1時間前のよう。

     前回はこちら

    長万部のそばの存在を人から教わって食べるようになりました。
    店頭で弁当そばを購入したので出来立てを食べました、弁当ができる間に列車に届けるそば弁の予約を受けていて忙しそうでしたね。
    いろいろな所にTBを貼り付けています。
    ブログの調子がまだ悪くてご迷惑をかけるかも知れませんがよろしくお願いします。

    2008.02.14 08:05 URL | かりん #- [ 編集 ]

    こんばんわ、かりんさん。
    実は「特製もりそば」も、アップする予定です。宜しければ、そちらにもTBいただければ幸いです(笑顔)
    ブログの調子、早く直ると良いですね。祈念します。

    2008.02.14 18:58 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/969-e9e387b7

    特製もりそば 長万部名物
    北海道長万部(おしゃまんべ)の『かにめし本舗』駅弁直販所の『かにめし弁当』は誰もが知っている有名な弁当ですが、長万部駅(おしゃまんべ 駅)をおりて右側に店を構える「そばの合田」の特製もりそばは、隠れた名物らしいです。何でも多くのファンがいるようで一度食...

    2008.02.14 07:30 | グルメ・温泉に行っちゃうぞ~北海道の旅

    | ホーム |