札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    ロッジのような外観
    フロント&土産コーナー 上富良野駅前から町営バス(マイクロバス)に揺られ20分強、バス停「バーデンかみふらの前」を素通りされそうになり、あわてて運転手さんに「降ります!」と声を発し、下車しました。2階建ての山小屋風。客室数15室。


    ◆ロビー

    ロビー
    暖炉を囲んで語うこともできる フロント&土産コーナーに隣接してロビー、そして暖炉があります。「客室は禁煙」なので、吸いたい人は、ロビーで一服しましょう。
    2階吹き抜けから望むロビー&土産コーナー
    廊下 坂道で階段状の廊下奥に、風呂や客室があります。


    ◆2階客室「白鳥」

    ドアを開けて客室内を望む
     通された2階「白鳥」は、8畳間。繰り返しますが「客室は禁煙」です。

    質素な客室窓外の景色は建物の壁
    宿ネーム入りタオル、バスタオル、浴衣(女性用はオレンジ色)、歯ブラシ冷蔵庫内に冷水ポット。熱湯入りポット、お茶セット
    布団はセルフ。男の子の名は「いっちゃん」 こんな感じです。客室窓外の景色は、建物でした。


    ◆共同のトイレ&洗面所、そして2階休憩コーナー

    2階共同洗面所2階休憩コーナー。ここでもタバコが吸える
    2階共同トイレ前2階男性トイレ内
     2階の共同トイレ&共同洗面所。1階には洗濯機も見かけました。












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/976-01cabf28

    | ホーム |