札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    ◆標高1,000メートルの湯宿 新源泉でリニューアル

    標高1,000メートル
     標高1,000メートルの地に宿があるものの、下界のJR上富良野駅前から町営バス(片道500円)に乗り、25分で到着しました。

     この宿は、町内に住む登山家の開業医が、1984年(昭和59年)9月オープン。2002年(平成14年)に一時休館したものの、翌年に開業医のご令嬢夫婦が跡を継ぎ、2006年(平成18年)には新しい源泉を掘り当てて、露天風呂を追加するなど宿をリニューアルし、今があるよう。(読売新聞北海道版2007年11月30日付を参照)

     2月3日(日曜)にじゃらんnetを通じ、ネット予約。この湯宿は、部屋のタイプによって値段が異なっており、当方の2階「白鳥」は和室8畳、2人で泊まって2食付1人5,875円。宿ホームページを見る限り、どうやら1番安いよう。

     これって、安いなあ。でも、それなりの理由があるはず。

     そんなふうに思うのは、万が一とんでもない事態に遭遇しても、あまりがっかりせずに済むためです。知らぬ間に身に付いた「処世術」と言えましょう。過度に期待していた湯宿で、「こんな宿だとは思いもしなかった」と傷ついた経験が、そうさせているのでしょうか、きっと(笑)


    ◆山荘に2人泊 1人2食5,875円の理由は「窓外の景色」か

    夜の外観赤々と燃える暖炉 客室数15室で山荘チックな風情は、いかにも「山の宿に来ました!」と気分が高まりますし、夜の佇まいもいい感じ。

     館内もこぎれいでロビーに暖炉もあるのですから、十勝岳に挑む登山家や山スキーヤーが仲間と語らう姿が様になるでしょう。

     そして2階客室「白鳥」は、掃除も行き届いており、こざっぱりした様子。窓外の景色は、隣の建物が間近に迫り、どことなく圧迫感が・・・ これが、安い理由の一つかも知れません。
     宿周辺の景色を眺められる客室じゃなきゃ嫌だ、という方は、宿へ電話してその辺を確認した上で、もっと値段の高い客室を予約しましょう。

     ちなみに、同料金で2段ベッドの「リンドウ」「コマクサ」という客室があり、「リンドウ」のドアが開いていたので覗くと、2段ベッド+2~3畳分のスペースがあるだけの、狭い空間でした。
     それに比べれば、「白鳥」は和室8畳ですし、角部屋で隣は物置になっているので、隣室を気にせずくつろげる点が、「お得」と私感です。


    ◆やわらかい「ふらの和牛」は1人前2,625円

     レストランで味わった夕食は、おかず4品に加え、白米、おすまし、漬物、松前漬、デザート。一般的な湯宿の料理と比べれば、ちょっと物足りない品数かも知れません。これも宿泊料が安価な理由かな。
     でも、1品1品が味わい深いなあ。ふらの和牛たたきは美味ですし、天ぷらは熱々の揚げたてを食せましたし。

    事前に注文していたふらの和牛
     加えて、事前に「ふらの和牛」2,625円を1人前だけ注文。すきやきで食すんですね。「富良野岳の麓、谷口ファームで飼育された牛は、新鮮で安全な霜降り肉」だそう。確かに、やわらかい! ふらの和牛を頼んだため、宿泊料は1人分だけ8,500円にアップしましたが、当方は納得です。
     シェフや配膳係が客の食事ペースを目配りし、タイミング良く後出ししてくる点も好印象でした。


    ◆小ぶりな浴槽に満たされるにごり湯

    広い方の内風呂の湯口
     湯は茶色く濁っており、写真では緑色にも見えますね。カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物泉の湯は、口に含むと鉄分の味がし、加温した湯は適温に感じます。循環・塩素殺菌はせず、朝9~11時まで掃除に励んでいるようです。
     原油価格が高騰している中、夜中も入浴できるのは嬉しい限り。日中は日帰り客で賑わっておりましたが、さすがに夜中は貸切状態。浴室・浴槽は小ぶりでした。


    ◆総括

     安い宿泊料だから、あまり期待せずに泊まった結果、特段の不満を持たず、むしろハード、食事、風呂について、いずれも良い点に目が行きました。若いご主人と女将さんは、飾らない雰囲気でてきぱき応対してくれますし、のんびり過ごした湯宿です。

     これで5,875円はお得感高いなあと私感。もう少し部屋のグレードをアップして、その分、宿泊料も高くなった際、どう感じるかは分かりません。

     こういう湯宿が当方が住む札幌の定山渓にあれば、近いのでリピートしやすいなあ・・・ などと夢想しつつ、帰り支度しました。

    バーデン上富良野のレポ、お疲れ様でございました。
    わたくしは部屋の暖炉で薪を燃やすのに一生懸命で注意力が散漫だったようでちゃんと館内を見ていないです^^;。

    お風呂をはじめお写真がみな綺麗ですね。わたしは朝にとった写真も駄目駄目です。

    夕食後、ロビーやお風呂でお会いできれば是非我々のお部屋にもお越しいただきたかったです(珈琲など入れておりました)。
    暖炉のお部屋はお値段的にはやや高すぎだと思いましたが良い旅の思い出となりました。

    2008.03.01 00:23 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    駅前旅館さんは、暖炉付の特別室スウィートでしたか! それは客室暖炉から離れられないでしょうね(笑顔) 夕方の時点で駅前旅館さんにお気付きしておれば(夕方ロビー付近ですれ違った時、一瞬もしかしてとは思いましたが、まさかこんな山の中でと・・・笑) 私の安い客室とは対極で羨ましいです~
    写真は夜中4時に風呂へ撮りにいき、翌日すこし眠かったです(笑)
    また、どこかでお会いするかもしれませんね。その時はヨロシクお願いします(笑顔)

    2008.03.01 08:24 URL | いっち #- [ 編集 ]

    こんにちは。
    バーデンさん、一時閉めていたのですが、経営が変わり今年の夏前から復活してます。
    韓国の方がオーナーになり、韓国料理の温泉宿になったそうです。
    自分が日帰り(500円)で行った時は、韓国の人が数組泊まってました。

    2013.09.08 14:39 URL | nobu #HHwP0Xsw [ 編集 ]

    nobuさんへ

    ご無沙汰しております!
    バーデンかみふらのの件、お教えいただき、ありがとうございます。
    ニッポンの温泉宿の中でも、ユニークな形態ですね。
    十勝岳や旭岳方面はとんと御無沙汰しておりますので、
    そちら方面へまた泊まりに行きたくなってきました(笑顔)
    そんな気分にしていただき、改めてコメントに感謝です!

    2013.09.08 21:16 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/980-9ef76028

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。