札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    外観
     2007年(平成19年)4月オープンの温泉ホテル。5階建て客室85室は、すべて洋室ベース。

    玄関は自動ドアオブジェの自転車


    ◆ロビー周り

    オルガン、薪
    ロビー
    ハーブティー スタッフにロビーへ通され、座ったままチェックイン手続きし、ウェルカムドリンクを堪能。
     その後、鍵をもらい、エレベーターまで誘導され、今宵の客室へ自力で行きます


    ◆バー「イコロ」、土産屋、2階安眠コーナー

    バー「イコロ」、メニュー例。ブレンドコーヒー400円、地ビールビルスナー700円、ウイスキーシングル800円、ジントニック700円、おつまみ300円1階土産処。「ツケ」で購入OK
    2階休憩スペース2階安眠コーナー
     ロビーの片隅に小さなバー「イコロ」(アイヌ語で宝物)があるほか、土産屋も。
     2階エレベーター前に休憩スペースがあるほか、廊下沿いに安眠コーナーという棚を発見。いろんな種類の枕を置いてあり、自由に利用できます。

    廊下ドア
    客室の鍵は2個鍵を置くと客室の照明がつく


    ◆和洋室タイプ

    和洋室。326号室は角部屋
     通された客室は、3階326号室の和洋室タイプ。ベッド2つ、窓際の和室に「こたつ」あり。

    シモンズ社製ベッド
    和室部分は4畳半。床の間付き
    窓からの景色


    ◆ミニキッチン(水道蛇口&電気ポット)、コーヒー豆、ミル

    窓際から客室ドア方向を望む液晶テレビ&ミニキッチン
    水道蛇口。写真に写っていないが電気ポットがあるシンク下の冷蔵庫にミネラルウォーター2本。無料
    コーヒー豆があり、ミルで挽いて飲むグラス
    茶菓子淹れ立てコーヒー


    ◆館内着、風呂用手提げ籠

    女性用の館内着&パジャマ男性用の館内着&パジャマ
    タオルが入った手提げ籠バスタオル、タオル、足袋


    ◆客室に洗面所、シャワールーム、トイレ

    洗面所&シャワールーム歯ブラシ、くし、ブラシ、髪止め用ゴム、シャワーキャップ、綿棒&コットンパフ、布袋に入ったドライヤー
    トイレ館内スリッパはサンダル













    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/995-64dabd48

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。