札幌から行く 『温泉宿』

    温泉宿 「宿泊」 好きな札幌人。風呂、食事、部屋、もてなし・・・ 「湯宿をめぐる冒険記」 & 「雑多な温泉話」

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
    男性内風呂。「もむに」は「流木」を意味する
     ヒノキの匂いを感じる浴室は、浴槽内もヒノキでした。
     大浴場「大湯屋 もむにの湯」は2階にあり、男性・女性ともに浴室の広さ、湯船の数・形は同じみたい。

    ◆男性脱衣所

    男女脱衣所前のれん食べ放題(笑)
     男女脱衣所のれん前に、北海道牛乳を100%使用したアイスが置いてあり、食べ放題です。

    脱衣所。トイレ付き男性脱衣所にもベビーベッド


    ◆男性内風呂

    窓際に古代檜風呂。手前右下の浴槽は水風呂
     内風呂は浴槽「古代檜風呂」が1つのほか、サウナ用の水風呂あり。

    古代檜風呂右から脱衣所出入り口、洗い場、サウナ
    右手にサウナ、左に水風呂洗い場
     洗い場は全部で8ヵ所。


    ◆男性露天風呂

    出入り口から望む
    露天風呂全景
     屋根付きの露天風呂は「岩風呂」「ひば寝風呂」で構成。

    ひば寝風呂は3つ
    壁の向こうは女性露天風呂細長い浴槽


    ◆男性樽風呂

    樽風呂 内風呂&露天風呂とは別に、脱衣所の隣に樽風呂を発見。
     細長く狭いスペースに、1人用の樽が2つありました。
    浴槽2つ


    ◆泉質、湯使い

     脱衣所に掲示している温泉分析書(平成19年4月、申請者は共立メンテナンス)を拝見。
     泉質はカルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(旧 含塩化土類・食塩-石膏泉)。
     源泉名「滝の湯」は自然湧出で泉温35.6度、pH6.4。成分総計1.700g/kg、蒸発残留物1.654g/kg。
     客室に置いてあった案内に、源泉はホテルから2キロ離れた勇駒別川沿いにあり、毎分300リットルと記載されていました。

     脱衣所には浴槽ごとの湯使いも表示。
     内風呂の「古代檜風呂」、脱衣所近くの「樽風呂」は、加水(冬期間のみ)、加温、塩素殺菌しており、昇温循環はしていません。
     露天風呂の「ひば寝風呂」「岩風呂」は、内風呂の湯使い+昇温循環しています。
     塩素臭は感じず、湯は無味無臭、無色透明。
     入浴時間は夜中0時で終了。翌朝5~10時までOK。

     日帰り受け入れは11~15時過ぎで、16時までに退館を求められます。1,500円でバスタオル・タオル貸し出しは無料。貸切風呂を利用したい際は、プラス500円で30分利用可能。浴室清掃の関係で不定休。

    いっちさん、おはようございます。
    ラビスタ…ここは湯使いさえもっと良くなれば良い温泉ですよね。
    同じラビスタ系では函館ベイが気になって調べていたのです。ラビスタはどこも温泉ではなくお風呂に力を入れているみたいですね。
    今すぐドボンと入ってみたくなる工夫された浴槽(湯船)の造りに脱帽です。
    函館地区には毎年、お花見の季節には必ず行くので、今年の宿泊先候補として3つの宿の中に入っています。

    ラビスタ大雪山…雪深くなると行動しづらいので(冬道運転は苦手の為(笑))夏場しか行けそうにないのが残念です((;O;)涙 エーンエーン)
    私悲しい事にバス・車←酔います(泣)
    JR(汽車)でさえも揺れがひどいと←多少酔います(悲)
    なので→自ら運転 と言う図式が何年もの間、自然と成り立っています。

    ここの宿のたくさんのナイスな写真を見ていると本当造りが凝っていて行きたくてたまらなくなります。いっちさんの書かれた文を読む限り、ここは本州企業がオーナーとの事(読み間違えていたらゴメンナサイ (;O;)ドゲザデオワビ)
    きっと温泉好きな北海道人の為に(?)お風呂には相当な金額を投資したんだろーなぁ、と思って見ていました。

    私事ですが毎年石垣島(沖縄)に行っていたのですが、今年は予定が変更してしまい行けず仕舞いでした(残念↓)だからと言う訳ではないのですが、浮いた予算分を道内の温泉巡りに充てようかな?と企み(計画)中です。← 一体どんだけ温泉が好きなんでしょうね?

    ではでは又何処かへ泊まった際には報告、お知らせ致します。週末は思ってた以上にお天気が良い様なので、お出掛け日和ですね。いっちさんも何処かへ行かれる際はお気をつけていってらっしゃいませ(笑顔で手を振るドラあき (^-^)/◇)

    2008.10.25 09:01 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    又やってしまいました。

    お花見の季節には必ず行くので、今年の宿泊先候補として→今年の ではなく今度(来年)の でした。
    度々ゴメンナサイ(*^。^*)

    2008.10.25 09:13 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    ドラあきさん、札幌は快晴ですね(笑顔)

    ちょうどこの間、ダイレクトメールで函館ベイのパンフが送られてきました。港を眺めることができる内湯の造り、ラビスタ大雪山の風呂のようにしゃれています。

    源泉名「海峡の湯」は、ナトリウム-塩化物強塩泉で泉温44.1度。毎分502リットルの赤茶色の湯は、タイル風呂と岩風呂以外は、源泉かけ流しと書いてありました。
    「かけ流し」といっても、源泉そのものに塩素を投入しているケースがありますので、なんとも判断しがたいですが、泊る分には、良さそうな湯宿ですね(笑顔)

    ラビスタ系は、全国展開している企業の経営です。1度だけ泊った私のところに、定期的にダイレクトメールを送ってくれるくらい、経営体力があるのかな。

    函館、私も好んでおります~ 五稜郭公園の花見は、素敵ですね。湯宿は、料理旅館池の端がオススメです。温泉大好きのドラあきさんをうならせることが出来る湯かも(笑顔)

    乗り物酔いにも負けず、温泉めぐり、楽しみましょう(笑顔)

    2008.10.25 09:40 URL | いっち #- [ 編集 ]

    いっちさん、こんばんは。
    昨日の快晴とは裏腹に今日の札幌は雨、強風でイマイチでしたね。昨日みたいな快晴(カイセイ)な天気を返せー(カエセー)ったな気分でしょうか?(ちょっと無理があった様で、お後がヨロシク無い様で…(汗))

    いっちさんお薦めの函館地区代表(笑)→♪パンパカパーン
    第1位→料理旅館池の端

    ♪ジャーン 実はココのお宿、いっちさんが書かれた去年の9月のを読んで「随分と洒落ていて、かっちょこ良いトコだなぁ」((E)←カッコ良い)って感じて見ていました。

    2008.10.26 22:37 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    お湯良し、食事良し…と来れば料金が気になるところですがココは選べるところが又、憎いですね。
    予算…もそうですがその時の気分でランクUP↑してみたり。選べるって良いですね。
    私はお部屋重視ではないので寝られれば良いのです。
    と言うより宿ではゆっくりした記憶がほとんどなく( ← 大爆笑!!)風呂、風呂、風呂~とおやじさんの様に、ちっちゃ~いタオルだけ持って 部屋⇔お風呂 間をウロチョロ、キョロキョロしているせわしない(落ち着きのない)ドラあきです。

    ココのお宿は夕食は勿論、朝食も凝ってますね~。いつもは朝、食欲のない私ですがココの宿のは残さず、おかわりしちゃいそうです。
    夕食も、朝食も◎又は○な宿ってそうそうないですよね?
    ↑ ↑ こんな生意気を言っているドラあきですが、泊まりに行った宿での朝食はまず3杯はおかわりし、おかずも絶対に残しません!!普通は残す様な付け合わせ的な葉っぱ類(笑)つま… なども絶対に完食(食べ尽くし(笑))するのが当然です。

    だってぇ~気分が良いから残すなんて考えられないんですぅ。そもそも私ってば♪温泉~温泉と騒ぐから早朝からお腹グーグー言ってるんですよね。

    2008.10.26 22:38 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    11/2(日)に道南(ドウナン)に行くのですがお天気はどうなん(ドウナン)でしょうね?基本的に晴れ女なので気にもしていないのですが、不思議と?天気予報が雨・曇り~となっていても何故か?結構晴れる事が今迄多かったですね。悪い方に考えるとドンドン変な方向になる気がして、あまり天気予報も見ない・あてにしない性格なんですよね(良いのか悪いのか???)

    2008.10.26 22:40 URL | ドラあき #- [ 編集 ]

    池の端

    是非男湯の方にもお入りくださいませ。

    参考
    http://yutabi.exblog.jp/9401053/

    良い道南旅行を。


    私3連休は自宅謹慎。
    その後、鹿児島、長野、別府と連発で出かける予定でおります。

    2008.10.27 23:14 URL | 駅前旅館 #.vjKhiP6 [ 編集 ]

    ドラあきさん、池の端、チェックしてましたか(笑顔)

    お風呂重視のドラあきさんならば、きっと池の端、満足するかと思ってます。ここはお湯&食事の湯宿ですから。
    夕食&朝食ともに美味しい湯宿、おっしゃるように、どちらも美味い!って、そんなにないなあと思っています。朝食は、ほかほかの白米と熱々の味噌汁、それにおかず数品があれば、それで良し、と受け止めていますので、そう考えれば朝食満足の宿も多いですね。

    駅前旅館さんがおっしゃるように、池の端は女性風呂が狭いので、客入りを見て宿側に言えば、男性風呂に入らせてもらえる可能性ありです(笑顔) 駅前旅館さん、ナイスコメントどうもです~

    私も普段は朝食とりません~ コーヒーくらいです。でも、どうして旅に出ると、朝からお腹がぐうぐう鳴って、ぱくぱく食べちゃうのかしら(笑)

    天気予報って、私もさっぱり気にせず、湯宿へ向かいます。晴れだったらラッキー、曇りで御の字、雨でも「渋いなあ、こんなシチュエーションもありだなあ」と。天気予報を見ない・あてにしない、良いではないですか(笑顔)

    週末、道南の旅、よき旅になりますように!

    2008.10.29 07:39 URL | いっち #- [ 編集 ]

    駅前旅館さん、どうもです~
    鹿児島、長野、別府・・・ いずれも気になる地域ですね(笑)
    基本的に札幌近郊の湯宿しか知らぬ私にとって、駅前旅館さんの「湯宿をめぐる冒険」は、楽しいですね。湯めぐりご報告、期待します(笑顔)

    2008.10.29 07:40 URL | いっち #- [ 編集 ]












    管理者にだけ表示

    トラックバックURL↓
    http://oyusuki.blog14.fc2.com/tb.php/996-567124bb

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。